トップ

葬儀の基本マナーについて

葬儀の宝石情報は

冠婚葬祭

葬儀でのマナーについて

女性の方で、葬儀にアクセサリーをつけてる方を見かけますが、実はアクセサリーにもマナーがあります。葬式ではアクセサリーや光るものは、つけないようにしましょう。例えばブレスレット、ピアス、イヤリング、ネックレスなど、指輪も結婚指輪以外は着けないのが原則です。唯一、涙を表す宝石といわれている真珠だけは葬儀での使用を許されています。ですが、一連のものだけです。二連、三連のネックレスは見た目も華やかになるだけでなく、不幸が重なるという意味になりますので注意しましょう。本来アクセサリーは、華やかさを演出するためのものですので、状況にあった使用方法を心がけましょう。

お葬式の時のマナーとは。

友人や会社関係のお葬式に呼ばれた場合、まず頭を悩ませがちなのが葬儀の際のマナーについてです。服装はもちろんのこと、女性の方はアクセサリーをどうすればいいのか、指輪は付けていいのかと、困る方も多いことでしょう。服装としては基本まず黒服が日本では一般的によく選ばれています。アクセサリーについては、派手すぎなければ基本的にあまりうるさく言わない傾向にありますので、無理に質素にする必要はないでしょう。気になる場合は、葬儀会場であるホールに入る前に、受付などをしている葬祭関係者に尋ねると詳しく教えてくれます。

葬儀についての情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀の基本マナーについて. All rights reserved.